Home World News より広範な地域戦争の警告を受けてイスラエルとガザの住民が避難

より広範な地域戦争の警告を受けてイスラエルとガザの住民が避難

99
0

パレスチナ占領地域に関する国連特別報告者のフランチェスカ・アルバニーズ氏は、このメッセージは南に移動する意思がない、または移動できないパレスチナ民間人を集団的に処罰するという脅迫であると述べた。 同氏は、これは民族浄化に相当する可能性があると述べた。

ニューヨーク・タイムズ紙の質問に答えて、イスラエル軍は声明で「民間人をそのように扱い、標的にしていない」と述べた。 イスラエル外務省報道官は、避難勧告が民族浄化とみなされる可能性があるという示唆には根拠がないと述べた。

イスラエルが撤退を警告しているにもかかわらず、ガザ北部の多くの民間人は費用を考えると不可能であり、南への移動は安全の保証はないと主張している。

ガザ北部のジャバリアの町に住むアマニ・アブ・オデさんは、イスラエルによる高速道路空爆の危険性を考慮して、運転手は現在、家族を南に連れて行くのに200ドルから300ドルの料金を請求していると語った。 戦前は同じ旅行に1人あたり約3ドルの費用がかかっていたという。

「食べる余裕さえありません」とアブ・オデさんは語った。 「私たちには出ていくお金がないんです。」 代わりに、彼と彼の大家族は同じ家に一緒に住んでいます。

ガザ市の公務員ヤセル・シャバンさん(57)は、南に移らなかったと語った。 どこに行けばよいですか?”

「私たちは最終的には路上に出ることになるでしょう」とシャバンさんは語った。

同氏によれば、いとこはガザ市空爆後、家族とともに南に移動したという。 しかし、1週間前、イスラエル軍の空爆が南部カーンユニス市で避難していた建物を襲い、いとこの妻と2人の娘が死亡したと同氏は語った。

「避難しなければハマスの一員とみなすという新しいチラシを聞いた」とシャバンさんは語った。 「でも、南には行けないんです。」

source

Previous articleメリーランド州出身のイスラエル予備役オメル・バルバ、レバノン国境近くで殺害
Next articleLinkedInは、親パレスチナ感情を辱めるサイトに対して警告を発した。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here