Home World News トランスジェンダーの決定は日本のLGBTQの権利にとって前進となる

トランスジェンダーの決定は日本のLGBTQの権利にとって前進となる

81
0

日本の最高裁判所は水曜日、トランスジェンダーの人々に性自認を法的に変更するために不妊手術を受けることを義務付けるのは違憲であるとの判決を下し、LGBTQの権利を認めるのが遅かった日本におけるLGBTQの権利にとって前進となる。

裁判所は全会一致の判決で、トランスジェンダー女性である原告に対し、極めて重要な日本の戸籍証明書の性別を変更する前に不妊手術を強制する法条項は、「本人の意志に反して自分を傷つけない自由を制限するものである」と述べた。

しかし裁判所は、トランスジェンダーの人々が自認する性別として法的に登録するために移行手術を受けるという別の要件については判決を下さなかった。 これは実際には、多くのトランスジェンダーの人々が未だに法律を改正できないことを意味している。 高等法院は、移行作戦条項についてさらに議論するため、訴訟を高等法院に差し戻すと述べた。

「最終的に、私の性別は変更できないという結果になった」と匿名の原告は、記者会見で弁護士の一人、南和幸氏が読み上げた声明の中で述べた。 「私の訴訟がまだ続行されなければならないことに非常に残念です。」

完全な勝利ではないものの、活動家らは断種条項を合憲とした2019年の最高裁判決を覆す水曜日の判決を歓迎した。

この決定は「多くのトランスジェンダーの人々の生活を変えるだろう」とLGBTQ立法推進日本連盟事務局長の神谷雄一氏は語った。

水曜日に下された決定は、不妊手術の義務が法律の中で最も侵害的な条項であるトランスジェンダー男性にとって、より有益となる可能性がある。 しかし、多くのトランス女性は依然として性別を変更する際に外科的障害に直面しています。

日本の国会議員は同性愛者やトランスジェンダーの権利拡大に遅れをとっていた。 6月、議会はLGBTQの人々への「理解を高める」ための法案を可決したが、これは活動家らが長年推進してきた差別禁止法案の簡易版だ。

しかし、裁判所は法的および社会的規範に異議を唱え始めました。 今月、日本の南部、静岡県の地方家庭裁判所は、トランスジェンダーの男性に法的な性同一性を変更するための移行手術を強制することは憲法上の権利の侵害であるとの判決を下した。 いくつかの地方裁判所は、同国の同性婚禁止は違憲であるとの判決を下した。

水曜日に下された判決の中で、最高裁判所は、トランスジェンダーの人々に不妊手術を受けることを義務付けることで、手術を受けるか、自認する性別を法的に登録できないかという「難しい選択」を迫られるとの判決を下した。

日本の性同一性障害法は現在、公式の性自認を変更したい人にいくつかの要件を満たすことを義務付けている。 不妊手術と移行手術を受けることに加えて、18歳以上、未婚、18歳未満の子供がいないこと、そして2人の医師から性別違和の正式な医学的診断を受けなければならない。

日本性同一性障害学会理事長で性転換手術を行う医師の中塚幹也氏によると、同氏のクリニックで治療を受ける患者の約60%は、法律で義務付けられていないにもかかわらず、自ら進んで手術やホルモン治療を行うという。 しかし、身体を変えたくない人々にとって、今回の裁判所の判決は「より早く、自分が認識する性別として生きられるようになる」可能性があると同氏は述べた。

静岡の地方家庭裁判所に訴訟を起こしたトランスジェンダー男性の鈴木将軍は、裁判所の判決を歓迎したが、判決後のインタビューで、それは「明らかに」彼が持つべき権利だったと語った。

最高裁の決定は一部議員らの抵抗に遭う可能性が高い。 与党自由民主党の少なくとも100人の国会議員からなるグループのリーダーたちは先月、法務大臣と面会し、トランスジェンダーのアイデンティティを管理する法律の変更に反対を表明した。

今週初め、「女性の居場所の保護」を求める保守活動家の連合は、最高裁判所に不妊手術義務の維持を求める請願を提出した。

source

Previous articleギャビン・ニューサム氏、中国への気候変動ミッションで習近平氏と会談
Next articleインドの進歩主義が息づくヒンドゥー教のマルディグラ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here