Home World News 北部のガザ人の多くは南部への旅行をする余裕がないと言う

北部のガザ人の多くは南部への旅行をする余裕がないと言う

42
0

イスラエル軍が民間人に対するガザ北部からの退去への警告を強める中、現地の多くの人は、そのような行動はコストを考えると選択肢ではなく、安全も保証されないと主張している。

イスラエル軍は土曜遅く、予想される地上侵攻に先立ち、包囲された飛び地への砲撃を強化すると発表した。 土曜日にガザ地区に投下されたアラビア語のビラでは、人々に南への移動を繰り返し呼びかけ、そうしない者は「テロ組織のパートナーとみなされる可能性がある」と警告した。

しかし、ガザ北部のジャバリアの町に住むアマニ・アブ・オデさんは、高速道路上でのイスラエル軍の空爆の危険により旅費がかさんでいると語った。 同氏によれば、運転手は現在、家族を南に連れて行くのに200ドルから300ドルの料金を請求しているという。 戦前、同じ旅行の費用は一人当たり約 3 ドルでした。

「食べる余裕さえありません」とアブ・オデさんは語った。 「私たちには出ていくお金がないんです。」 代わりに、彼と彼の大家族は同じ家に一緒に住んでいます。

ガザでは食糧、水、その他の物資が不足しており、イスラエルが約2週間前に封鎖された飛び地への完全包囲を宣言した後、当局は医療システムが崩壊の危機に瀕していると述べている。

イスラエルが報復空爆作戦を開始して以来、ガザ地区の200万人の住民の半数以上が避難している。 そして、より多くの人々が南に移動するようガザ地区で配布されたビラは、パレスチナ占領地に関する国連特別報告者のフランチェスカ・アルバニーズから批判を招いた。

逃げたくない、あるいは逃げられない数十万人のパレスチナ民間人をテロ共犯者に指定することは集団処罰の脅威を伴い、おそらく民族浄化に相当する可能性がある。 彼はXに書いた、以前はTwitterとして知られていた、土曜日に。 同氏は、意図的に民間人を標的にすることは戦争犯罪であると付け加えた。

ニューヨーク・タイムズ紙の質問に答えて、イスラエル軍は、南に逃げていない人々をテロ組織とみなしているパレスチナ武装組織のメンバーとみなすつもりはないと述べた。 同政府は声明で「民間人をそのように扱っており、標的にしていなかった」と述べた。 イスラエル外務省報道官も、避難勧告がパレスチナ人の民族浄化に相当する可能性があるという考えには根拠がないと述べた。

イスラエルがガザ住民に南へ向かうよう命じているにもかかわらず、空爆はこの地域を襲い続けている。 そしてイスラエル軍報道官のダニエル・ハガリ少将は土曜日遅く、イスラエルは戦争の「次の段階」に先立ってガザ全体に対する攻撃を「強化」すると述べた。 広く予想されていた対地攻撃を指す。

これは、飛び地における人道危機の増大と相まって、一部の家族が北部に留まると主張する理由の 1 つである。

「私が南に行かなかったのは、主にそこに知り合いがいなかったからです。 どこに行けばよいですか?” ガザ市の公務員ヤセル・シャバンさん(57)は語った。 「私たちは結局路上に出ることになるでしょう。」

シャバンさんは、10月7日にハマスの戦闘員がイスラエルを攻撃した数時間後にガザ市への空爆が始まった直後、いとこが家族を南に連れて行ったと語った。 しかし1週間前、イスラエル軍が避難していた場所を空爆したと同氏は語った。 カーン・ユニス市で、いとこの妻と二人の娘を殺害した。 いとこは、アル・シファ病院で治療を受けるため、生き残った家族(負傷した息子と妹)とともにガザ市に戻った。

「避難しなければハマスの一員とみなすという新しいチラシを聞いた」とシャバンさんは語った。 「でも、南には行けないんです。」

アブ・バクル・バシール そして アメーラ・ハロウダ 報告貢献。



source

Previous articleNCAAの調査中、ミシガン大学は容赦なく敵対者を打ち負かしている
Next articleメリーランド州出身のイスラエル予備役オメル・バルバ、レバノン国境近くで殺害

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here